上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
楽器製作の途中だが、海外の音楽大学(シベリウス アカデミー)からメールをいただいた。

その日本語訳の一部を抜粋し掲載する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

親愛なる奥村治殿

 あなたのサイト「アルペジョーネの世界」を高く評価いたします 。中でも、知り合い
のチェリストのダルムシュタット教授、そしてニコラ・デレライト氏などが登場されており
親しみがありました。
また 素晴らしい写真が豊富にあり解説も詳しく、貴サイトの説得力は高いと思います。
(中略)
ところで、私のアルペジョーネに関して、ウェブでのコンサートの情報は次のサイト
www.e-concerthouse.com.  に掲載されています。
当方のサイトにおいて、コンサートでは、アーカイブされているリンクをクリックすると
各々のプログラムが見れます。
そのうち、アルペジョーネソナタとギターで作曲家の作品がいくつか含まれており、
その解説が見れます。
また、私のアンサンブルは、ハイドンとのフィンランド語Barytontrio -プログラム
( Titelアーカイブでのコンサートはハイドンの部品のi - Ⅲ )を取り上げています。
これ以上の情報がほしいなら、私に再度連絡してください

敬具

シベリウス-アカデミー
  マルクス・クイッカ

(音楽院 大学院 音楽著作権部門 アシスタント ディレクター)

Sibelius Academy
DocMus Unit
P.O. BOX 86
FI-00251 HELSINKI

Street address: Töölönkatu 28, 3rd floor
スポンサーサイト

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

 

<< チャンネル彫りをシャープに | Home | テンプレートのラインを板に写す >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。