FC2ブログ
鉛筆で縦と横の線をフリーハンドで描く。つまり碁盤の目(メッシュ)で位置を確認するわけだ。
フリーハンドであるので正確さには欠けているが、相対的に飛び出し部分やへこみなど極端な
箇所を一目できる点がメリット。

mesh-kezuri.jpg

彫るべき部分を黒で塗りつぶしあたりをつける。電動彫刻刀で斜めの放射状に単純な削り込み
を行う。

meshi-kezuri1.jpg

平カンナで地ならしする。おおざっぱだが、一方向、この場合はアッパーからボトムにかけて通る
縦線だけを整地した。

meshi-kezuri2.jpg

この作業を何回かに分けて繰り返しをしていくと、ようやくそれぞれのライン(峰)やバウツ(膨らみ度)
などがみえてくる。
スポンサーサイト



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 

<< くびれ部分のダイエット | Home | ミニカンナで片側を削る >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP