FC2ブログ
あらかじめ3mmの穴を掘り下げた全体のバウツを眺める。縦と横に列をなして穴がそれぞれ開けられているのが見える。
表板を包んでいるのは、スプルースの外周で残った外型だが、この外型を削る場合のストッパーとして使うことにした。
なんでも有効利用にこしたことはないし、アウトラインが使えるのはなかなかいいものだ。

center-glue1.jpg

次に、中心線の峰カーブに沿って、丸ノミとラバー・ハンマーで掘り下げていく。穴の最終地点がそのカーブの限界点なので、慎重に丁寧に掘り進める。

center-glue.jpg

スポンサーサイト



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 

<< 掘り具合の確認 | Home | ドリルでバウツを掘る >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP