FC2ブログ
フランツ・シューベルト(Franz Schubert, 1797-1828)は、《アルペジョーネ・ソナタ イ短調Sonate für Arpeggione und Pianoforte d-moll D821》(1824)という名曲を作曲している。その専用弦楽器,アルペジョーネArpeggioneは、制作されてから10年ほどで廃れてしまったとされ、現存する楽器も数本程度となっている。

制作者     製作年   所 蔵        
============================
シュタウファー 1824 ライプツィヒ大学楽器博物館
ミッタイス    1824 ベルリン国立楽器博物館
作者不詳    1825 ニュルンベルク国立楽器博物館
シュタウファー 1831 ニューヨーク・メトロポリタン美術館(Web公開)
シュタウファー 1831 ウィーン美術史美術館
シュタウファー 1832 プラハ国立楽器博物館
シュタウファー 不詳 パリ国立楽器博物館(Web公開)
シュタウファー 不詳 ザルツブルグ国立博物館

 この弦楽器は、いつ制作され、だれが演奏して、どんな場面に使われてきたのか、いつまで継続して作られ、そしてなぜ廃れてしまったのか、など非常に謎が多い幻の楽器なのである。

 この謎解きの迷路にはまって、手探りながらいろいろなルートで情報収集し、さらに楽器を復元などにも着手してきた。しかしながら、いまだ解明していない点が多々ある。

 そこで苦節数十年に及んで収集した文献やデータを吟味し読み返してみた。その中の文献には、最近入手したベルリン楽器博物館の所蔵楽器カタログがある。

 同カタログには、アルペジョーネを解説している頁があったが、苦手なドイツ語で書かれていたため、当初はさほど気にも留めなかった。

 先日、もう一度調べたところ、以下に挙げる新たな発見があった。写真にみられる挿絵には、アルペジョーネとハンマーフリューゲルという楽器のある部屋が描かれている。そして、壁にはある男性の肖像画がかかっている。

ベルリン楽器博物館の所蔵楽器カタログ

berlin1

アルペジョーネのある部屋

catalogue1

 解説文にはこう書かれている。

「1813年にWeberがハンマーフリューゲルとアルペジョーネを購入した。そして1821年にCaroline Barduaという画家がこのWeberの肖像画(油絵:ölgemälde)を制作した。」

 肖像画のC.M. von Weberとは、どんな人物だったか。いままではオペラのFreischutzを書いた人くらいの認識で、この解説を読んではじめて、“ギターを好んでいた”とはまったく知らなかった。
実際に音楽辞典で調べると、ギタリスト、ピアニストでもある多彩な作曲家であったようだ。

 ところで、Weber がアルペジョーネ(アントン・ミッタイス作)とハンマーフリューゲルを1813年に購入したという事実にピンとくるものを感じた。
 音楽辞典によると、“アルペジョーネは、1824年にシュタウファー親方が製作した”、が通説となっている。
あれれ?1824年の前、つまり1813年にはWeberがアントンミッタイス作のアルペジョーネを購入しているではないか。アントンミッタイスは、シュタウファー親方の工房弟子である。
 実際、ベルリン楽器博物館に展示されているアルペジョーネは、アントンミッタイス作1824年の楽器である。
親方が制作しているより11年前も前に制作し、このWeber に販売しているという事実があるのだ。
そうなると公表されている音楽史の表記に間違いがあるのではないか、とさえ錯覚する解説文であった。
ベルリン楽器博物館のカタログは、キュレーター(学芸員)や研究者たちが、制作者、制作年代、所有者などを精査して公開している文献であるだけに、信用性があるにちがいない。

 こうして考えると、いままでの音楽辞典の記載事項に信ぴょう性をいささかうたがってしまう。
ただし、今回の新しい発見はアルペジョーネの販売年が解読されただけである。正式に、アントンミッタイスが1813年よりももっと以前から制作していた事実は不明なので、確かな手掛かりは測れない。これも追加の謎となってしまった。

Arpeggione, by Anton Mitteis_ 1824

antonmitteis_leitmeritz_1st-quarter-19thcent_deta

 楽器工房は徒弟の家内制手工業であるだけに、当時は弟子が親方を飛び越えて、“製作したのは私です”、とは公表できなかったのだろう。
ただ、1813年にはアントンミッタイス作のアルペジョーネがプロ演奏家Weberに売られ、その後1821年にこの肖像画が描かれた。
 この空白の11年間に何等かの実績を親方が認めたことで1824-1832年にはシュタウファー親方が本格的にアルペジョーネを制作すること集中した、と解釈するのは自然だろう。

 新発見を裏付けるためには、今後、Weber に関する資料を精査する必要がある。とくに、彼が付き合っていたシュタウファー工房との手紙(楽器の注文、依頼、納品、感想コメントなど)である。
 欲を言えばきりがないが、Weberがアルペジョーネを弾いたであろう演奏会のプログラムを入手できたら幸いである。


 参考までに、この楽器カタログの解説を少し補足紹介しておきたい。

 「WeberはHammerflügelの響きをとても好んでいる。真珠のような演奏をするのに最適と評価しており、1881年Weberは遺言にこのHammerflügelをWilhelm1世に遺贈するように、と書き、それゆえにこれが王室図書館に置かれることになった。その後、蒐集された古楽器の中に、これも入れられた。・・・ (中略)・・・
ウィーンのギター製作者J.G.Stafferはチェロのように弾く、ギターのような胴体をした楽器を発明した。Bündeがありギターの調弦(EAdghe)を取り入れたその楽器を作った。6本のガット絃があり、弓で弾くギターと称している。
 それが今、私たちがArpeggioneとよんでいる楽器であり、1824年SchubertがPianoforteと弓で演奏するArpeggioneのためのソナタa-mollを作曲した。そしてそれは1871年に出版された。
 この楽器の響き、音色に関しては、美しく豊かでやさしい、高音部はオーボエのように、低音部はバセットホルンのようだ。Arpeggioneはさほど長い間使われず、現存するオリジナルのこの楽器は6台以上存在しないだろう。」


参考文献

ベルリン楽器博物館カタログ
WIKI - Weber
スポンサーサイト
 

<< アルペジョーネのサイズ | Home | 参考文献 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP