FC2ブログ
チェロ用のパフリング材の高さ・厚さともに2mmあるが、1.3mmほどの深さまで掘り進んだ。

paffling-center-gruiding.jpg

裏板の厚みは3mmで、余分なパフリングが飛び出ているのでこの部分を金属製の平カンナで整地してみる。

paffling-center-gruiding1.jpg

平面になるまでしつこくカンナがけし、あとは台直しカンナで面一になるまで平らにし、棒状の荒めやすりと紙やすりを巻いた木端ブロックなどで丁寧に均した。
スポンサーサイト



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 

<< ヘッドの彫刻 | Home | 外周をパフリングする >>


 BLOG TOP