FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

アルペジョーネ奏者のクイッカ(Markus Kuikka)氏から、彼の弦楽器工房を紹介していただいた。
彼は現在、シベリウスアカデミー 音楽院の古楽器学科で准教授をしている。

彼が使っているアルペジョーネは、ドイツのセイテンスピール ゼング工房で作られた。

カロライン ジールマン(主にヴォール)とステファン ミルブラド(ギターレ)のマイスターである。

ドイツの弦楽器工房で、アルペジョーネが作れることを知ったが、結構楽器製作は高そうだ。

My arpeggione is made by Caroline Zillmann, who is running an atelier with her husband Steffen.
Here is the site:http://www.saitenspiel-zeug.de/geigenbau.html

Markus Kuikka

----------

Caroline Zillmann
Geigenbaumeister

Steffen Milbradt
Gitarrenbaumeister

saitenspiel-zeug.de

Geigen- und Gitarrenbau Zillmann & Milbradt
Schlossergasse 1
01662 Meißen
スポンサーサイト
 

<< Original tail piece design | Home | Arpeggione in French >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。