FC2ブログ
ライプチッヒ大学所属、楽器博物館には Anton Mitteisモデルが保管されている。
しかし悲しいかな写真や図面はない。ガラス越しに写真をとりだけでサイズを目測するだけだ。

で、研究家として交渉した結果、世界で初めて写真、図面、それにドイツ語だが仕様書を
受け取ることが決定した。

いままでのアルペジョーネ研究実績を評価していただいたことによるのだ。

Mr. Georg Kinsky, catalogue of Musikhistorisches Museum von Wilhelm Heyer in Cöln,
vol. 2, p. 174-175, Arpeggione 1824.


University Leipzig.de, Musikinstrumente.
スポンサーサイト



 

<< Arpeggione Leiptiz, Staufer 1823 資料邦訳 (ライプチッヒ大学楽器博物館蔵) | Home | #1, #2 のサイズ比較 Comparison of the size >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP