FC2ブログ
ニコラスは学部長あてに、わたしの大学研究員資格について、以下のように推薦状を考えてくれた。

*******************

学部長殿

日本のアルペジョーネ研究家を当大学に招へいする推薦案について。

私たちは、彼のアルペジョーネの研究について、その研究目的と期待成果を提供できるかどうかを検討します。
私は、彼がアルペジョーネに関する博士論文を研究している状況について調査します。
ふさわしいと思うなら、留学プログラムにより、彼はアルペジョーネに関する更なる調査として1年間の研究に適用するとおもいます。
彼の研究は何らか私の教育研究に影響するでしょうか? (この点で「博士号」への私の研究と同等の公認を導く指標になるなら考慮してください。)

中略

何らかの方法で、あなたがアルペジョーネを研究しにここに来るなら、私たちはフォルテピアノを導入する必要があるといいのですが。私たちはこれに関して学部長とも話すつもりです!
または、夏季における講習でフランスか日本で彼を助けることができる方法を検討してはいかがですか、と彼に言うことができます。

中略

研究訪問では、学生や研究助手などの情報を見つけようとすることができます。
現に 先任のインストラクターは研究助手を持つことができました。

ニコラス ドルターユ

スポンサーサイト
 

<< カサドは、アルペジョーネを特注していた! | Home | ニコラスに推薦状を依頼した >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP