FC2ブログ
拝啓

あなたの今度のプロジェクト企画案に関して称賛を与えたいとおもう。
またわたしにとってアルペジョーネを今後研究する上で非常に役に立ちます。

あなたのプロジェクトはおもしろくいし、奏法の研究に画期的なな研究となるでしょう。

私はアルペジョーネにふさわしい多くの作品を持っています。

たとえば、
Turlough O'Carolan(偉大な18世紀アイルランド人の作曲家)ですが、Lamentsの私によるアレンジメントを含んでいます。

フィリップHacquart、オランダ人のBaroqueビオールプレーヤーによるガンバスイートも候補にあげられます。

また、私はいくつかのギター技術をプレーしているので、ヴィラ=ロボスのPreludes1、3、および5、
およびメキシコ人の20世紀作曲家カルロス・チャベスによるThree Piecesを含んでいます。

これらのどれかに興味があるならばお知らせください。

敬具

ピーター・イェイツ
スポンサーサイト
 

<< ピーター イェーツ先生のBIO | Home | ブルクミュラーについて Wikipedia から概要を知る >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP