FC2ブログ
アルペジョーネに関する資料は貴重である。
マーカスがアドバイスする情報は、ゲルハルト・ダムシュタットとピエール・ジャキュールの2つという。

Gerhart Darmstadt published 2001 an exellent study of the matter.
(His article is in germany.) He has also recorded the sonata with some other pieces.

Gerhart Darmstadt 2001: Auf der Suche nach einer neuen Klangwelt. Jahrbuch der Staatlichen Instituts für Musikforschung Preussicher Kulturbesitz. Verlag J. B. Metzler. Stuttgart, Weimar.

実際にダームシュタット先生のPdfファイルをみてみると以下、出版されている。

Gerhart Darmstadt: „Auf der Suche nach einer neuen Klangwelt. Der Arpeggione und Franz
Schubert“
in: Jahrbuch des Staatlichen Instituts für Musikforschung Preußischer Kulturbesitz 2001, hrsg. von Günther Wagner,
Verlag J. B. Metzler, Stuttgart, Weimar 2001, ISSN 0572-6239, ISBN 3-476-01876-8, S. 287–384

ゲルハルトダルムシュタット、2001年:
サウンドの新しい世界を検索します。国立研究所・音楽研究所、音楽年鑑。文化遺産など。 シュトゥットガルト、ワイマール。

A shorter but still fine article by Pierre Jaquier is at

Appel B. R. & Boer J.(editors)2003: Viola da Gamba - Baryton - Arpeggione. Festschrift Alfred Lessing Düsseldorf 2000. STIMU Foundation for Historical Performance Practice. Utrecht.

ピエール・ジャキエール、2003年:
ヴィオラ・ダ・ガンバ、バリトン、アルペジョーネ研究論文。アルフレッド・レッシング、デユッセルドルフ、2000年。STMU 財団、古楽器研究。

彼は弦楽器製作者であり、大学院でヴァイオリン メイキング ミッテンヴァルトの講師(ドイツ)、元 修復技師(へ 美術館と音楽院) 、 パリと ニュルンベルクの音楽博物館にて、ヴィオールの製作、修復を担当した。
今日 彼のスタジオで バロックデリモージュクリストフコイン分野の楽器であるバリトンと、アルペジョーネを製作、研究している。

http://note.etbien.free.fr/ANB/Plaquette%20mai%202008.pdf

http://pagesperso-orange.fr/fmad/conseils.htm

Titre
Autour d'un arpeggione. Copie ou restauration ? Réflexions sur la démarche dans le domaine des cordes

Auteur(s)
Jacquier, Pierre

In
L'instrument de musique dans les musées : quelle restauration pour quelle esthétique ? : actes du colloque AMS-ICOM, Lausanne novembre 1996 / Bulletin d'information des musées suisses, 115 p.

Data
http://mediatheque.citedelamusique.fr/masc/?INSTANCE=CITEMUSIQUE&URL=http://mediatheque.citedelamusique.fr/ClientBookLineCIMU/recherche/NoticeDetailleByIDPopUp.asp?ID=0533574&MARC=1

http://www.omifacsimiles.com/cats/viol.pdf

-------------

Information Source:

Mr. Markus Kuikka
Doctor of Music, Sibelius Academy, Finland



スポンサーサイト



 

<< Pierre Jaquier - viol contents | Home | マーカス・クイッカ氏から親書メールがきた >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP