FC2ブログ
シューベルティアーデのサロンコンサート,この実態や位置づけ、体系化などよくわかりません。
シューベルトが主催したこの家庭演奏会には、音楽家にかかわらず、貴族や芸術家など多くの人物が参加したと書籍では記されています。
このサロンコンサートで、当時のプログラムなどは歴史資料があるのでしょうか?オークションでも見かけませんし、その内容が不明。シューベルト学者や音楽書物でもとりあげていないようです。
したがってこの資料があると、シューベルティアーデの作品楽曲がアルペジョーネでも弾かれたという、歴史的発見もあったりするのではと期待しているところです。
たとえば情報源の手がかりとしては、シューベルトのパトロンであったエステルハージ侯爵が残した蔵の中にあるかも知れない。こうしたお宝発見もしたいですね。
スポンサーサイト



 

<< アルペジョーネ研究の今後の展開構想 | Home | 楽器作り、音楽への取り組み、「守、破、離(理)」を考える >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP