ドイツのチェリストでアルペジョーネ演奏家、ゲルハルト・ダルムシュタットは、アルペジョーネで以下のCDをリリースした。

出所: <クラシック・輸入盤新譜情報 06-07> コメントはメーカー案内書より抜粋
http://www.ne.jp/asahi/goodies/home/cj0607.html

<Cavalli>
CCD 242 \2180
アルペジョーネ ――
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827):
ソナチネ ハ短調WoO.43a、ロシア民謡《美しきミンカよ》Op.107-7
フランツ・シューベルト(1797-1828):
ミニョンの歌《ただあこがれを知る者だけ》D.877-4、
アルペジョーネ・ソナタ イ短調D.821
ルイ・シュポア(1784-1859):・ テンポ・ディ・ポラッカ イ長調
ベルンハルト・ロンベルク(1767-1841):アダージョ ホ長調
ウクライナ民謡:モデラート イ短調(美しきミンカよ)
フレデリック・ブルグミュラー(1806-1874):夜想曲イ短調
ゲルハルト・ダルムシュタット(アルペジョーネ)、
エギノ・クレッパー(フォルテピアノ)、ビョルン・コレル(ギター)

シューベルトが主催していたとされる家庭サロンコンサート=シューベルティアーデには、さまざまな演奏家、音楽家、文化人が集まったとされる。
ドイツのバロック・チェロ奏者ダルムシュタットが使用している「アルペジョーネ」はベルリン楽器博物館収蔵の19世紀アントン・ミッタイス製という貴重な楽器だとされる。
貴重な演奏で古シューベルティアーデの雰囲気が再現されるにちがいない。

このシューベルティアーデにかかわったかもしれない、音楽家のプログラムも収録されている。
シューベルトが生きていた時代の演奏家では、ブルグミュラーなども聴きごたえがあるだろう。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

 

<< 楽器作り、音楽への取り組み、「守、破、離(理)」を考える | Home | 音楽美学へのアプローチを模索中 >>

コメント

香川県の指切断企業フジフーヅ(るーちゃんギョウザ)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP