FC2ブログ
アルフレッド・レッシングというドイツのチェリストは、アルペジョーネ楽器で以下のロマン派時代の曲をピアノやギターとデュオをしている。

出典:彼のCDより抜粋

“Music fur Arpeggione”, A Lessing J de Beenhouwer H Mohs

FCD368392 - CD information following;

* Vincenz Schuster
 アルペジョーネを最初に演奏したとされているヴィンセント・シュスター(チェリスト)

- Drei Stucke (1825) fur Guitarren - Violoncello und Guitarre, Wien 1825
Tempo di Poacca A-Dur (nach Lois Spohr)、Adagio E-Dur (nach Bemhard Romberg)、
Moderato A-Moll )Lied: Schone Minka)、Tempo di Polacca (da capo)

* Anton Diabelli (1781-1851)
 ディアベリィは音楽楽譜出版もしていたようでだ。
 シューベルト作曲「アルペジョーネ・ソナタ D821」もディアベィからリリースされた

-Andante con moto A-Dur (Arpeggione und Gitarre)

* Friedrich Burgmuller (1806-1874)
 ブルグミューラこの人はピアノ曲でもしられている

-Drei Nocturnes (Arpeggione und Gitarre)
Andantino A-Moll、Adagio cantabile F-Dur、Allegro moderato C-Dur

* Franz Schubert (1797-1828)
 シューベルト作曲「アルペジョーネ・ソナタ D821」

-Sonate fur Arpeggione und Pianoforte A-moll (1824)
Allegro moderato、Adagio、Allegretto

Information source: 
Musik fur Arpeggione,Alfred Lessing, Jozef De Beenhouwer, Harald Mobs,
FCD368392 CD
スポンサーサイト



テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

 

<< モダン楽器としてのフレットが動き音程調整できる機構とは? | Home | アルペジョーネの音域は、チェロより広いのか? >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP