FC2ブログ
なにぶんとも楽器制作の工程でニスは結構大変な作業だと思ったが、オイルの場合は、刷毛よりペイントスポンジがよくのびることを体験した。

スポンジ刷毛でのbefore

spoinji-hake2.jpg

明るくよく輝く表板の様子が見える。


一般的な刷毛セットも試してみたが、ニスのしごき方、力のいれ具合、それに木目とは直角の横向きの塗り加減などではどうしてもムラができやすい。

ロール刷毛もためしたが、気泡が出すぎ、かえって刷毛ムラでざらざらになって見栄えが悪くなる。

結論として、ペイント・スポンジがよく伸び、一番きれいなしあがりになることを発見。この新年7日づっと晴天で太陽の恵みが加わってようやく行いがいい。
で、晴天とスポンジ刷毛にVIVAと叫ぶ!

スポンジ刷毛のafter

sponji-hake1.jpg

だんだんと色づく表板、楽器らしい落ち着きの雰囲気になった。

スポンサーサイト



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 

<< ニス仕上げ途中経過 | Home | シューベルト協会アメリカ支部からのメール >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP