FC2ブログ
古風な趣きに表面を仕上げる。といっても19世紀前半のようなシュタウファー工房に迫るといはいかない。
すこし使い込んだ楽器のように渋さやまだらそのものを時代風につかってみたいとおもった。
で、せっかくきれいに塗り固めたニスをもういちど剥いでしまう。

migaki.jpg

粗めのサンドペーパーを全体にかけた後、スクレーバーの丸みをくぼみ箇所に使って力仕事をする。

scraver.jpg

幾層に塗り固めたニスはおいそれとはがそうにも大変な作業となった。粗めのサンドペーパーを2枚使っても取り残しが結構ある。

migaki1.jpg

その後は電動ドライバーに粗めのロール・アタッチメントを嵌め込んで細部をはがし、また電動サンダーで均すことになる。

sander.jpg

周辺のエッジ部分には取り残しはみられるけれど、なんとか表面は白木にちかい状態にもどった。

sandingato.jpg

気の迷いでよからぬ「オールド仕上げ」はしない方がいいことだけわかった、正月の3ケ日だった。
スポンサーサイト



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 

<< シューベルト協会アメリカ支部からのメール | Home | Arpeggione sonata の海外記事 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP