FC2ブログ
ガンバ製作者の庄子氏からガンバ図面を教えてもらった。http://samboze.exblog.jp/
After_Henry_JayeモデルのBass_viol_kit(Renaissance_Workshop_Ltd)のものだ。
サイズ的にはやや適当なので、早速フィンガーボードの長さや幅、そしてカーブ(内外)などのテンプレートを作った。

After_Henry_Jaye-Bass_violkit-Renaissance_Workshop_Ltd.jpg

写真は左よりA、B、そしてCなどのフィンガーボードの位置(ポイント)に当たるテンプレートとなっている。
鉛筆で示した位置はBポイントに相当する。
また写真の右下では、フィンガーボードの最終部分、つまり駒側にあたる部分の断面図だが、これも内外ともにRの写しをテンプレートにしてみた。

なお、出典として、図面だけでも以下の取次ディーラーでネット通販により入手可能となっている。
参考までにご興味あればお問合わせください。
After_Henry_Jaye model, Bass_viol_kit
Renaissance_Workshop_Ltd.
http://www.earlymusicshop.com/



スポンサーサイト



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 

<< 指板磨き | Home | 指板と図面の比較 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP