FC2ブログ
さて、難関な作業のクライマックスを迎えた。ついに表板を取り付ける。

まず留め具には、自作のホールソーでくり抜いた2ケの円形の板を10本以上製作する。
金具のネジ芯棒は6mmに蝶ナットをつける。

tome-gu.jpg

少し足りないので補充はいままで使用していたFクランプをブロックに当たる部分を重点に代用することにした。

futadome.jpg

当て木とともに、表面に傷がつかないようにフエルトやゴムなどでカバーして気をつかう。

futadome-joint.jpg

一度で一気に締めると傷が付きしかも変形することもあるので、徐々に対角線ごとに締める方法をとる。この方法は車のタイヤ交換時と同じ考え方で平均に締める機能で応用力があるものだ。

futadome-mae.jpg

2-3時間毎に少しづつ締めるポジションを変更していく。

futadome-yoko.jpg

結論としては、締め具のセットは最低でも20ケはほしいところだ。また芯棒はやはり6mmの太いものでないとしっかりとしない。以前製作していたヴァイオリン用の4mmの芯棒であるとちょっとの力加減でもずれる問題がある。チェロ製作に匹敵する工具はしっかりと太めがいいことがわかった。

スポンサーサイト



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 

<< ホワイト・アルペジョーネ(White Arpeggione) | Home | ブロックに木ネジを >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP