FC2ブログ
音を左右するバスバー(Bass bars)を作る。

製作手順は以下を踏んで慎重に内側の面積にぴったりするような作業だ。

1) 高さ30mm、幅12mm、長さ450mmなどのえぞ松を準備する。
  高さ、幅ともに図面よりもオーバーサイズだが、後ほど狭く、細くする作業で調整する。

2) 上部の位置は、ヴァイオリンやチェロなどの制作手法とほぼ同様に、表板バウツ幅に対して
   3/7サイズの位置を設定する。

3) 下部の位置は、駒の足幅にあたるポイントを延長した箇所を記す。

バスバーと反対側に位置する魂柱の円形をみる。

bassbar-koncyu-marking.jpg

4) コンパスをつかって内側のくぼみ線にそってなぞり、内側の形状を写し取る。

bassbar-koncyu-size.jpg

5) まず、バスバーの両サイドから徐々に削り、谷底の一番窪んだ部分は後で調整する。

6) バスバーのとりつけラインにあらかじめ紙やすりをおおまかに貼っておく。

7) バスバー棒の裏手に赤鉛筆(比較的芯の軟らかいもの)を使って軽く塗っておく。
  (鉛筆以外では、クレヨンなど色が塗りやすいものもいいだろう)

bassbar-marking.jpg

8) 上記7)で塗った棒を紙やすりにごしごしあてこする。原始的だがこれが一番簡単で
  確実な方法だ。

bassbar-yasuri.jpg

  (以前は目分量でカッターナイフやミニカンナなどを用い削ったが、削りすぎや残しなどあって
  均一にはならない反省があったからだ)

<bassbar-kezuri.jpg

スポンサーサイト



テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 

<< バスバー削りの方法 | Home | テール部分の削るエリアにマークする >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP