FC2ブログ
シャノーのバイオリンチェロには、l字体変形のトーンホールや瓢箪形のボディー、そしてハンマーヘッドを型どったネックがある。製作年代はシャノー1818年。

42399302_2156286887737363_6138758483719225344_n.jpg

42307415_2156288154403903_4089735835698593792_n.jpg


一方シュタウファー作のアルペジョーネは、1824年で6弦のモデル。たぶんシュタウファーは、同年代の19世紀前半に存在したシャノーのチェロモデルを参考に製作したと推測される。

42445252_2156286854404033_1351670119796834304_n.jpg

4弦チェロと6弦アルペジョーネのシェイプやサイズ等をを比べてもそっくりさんとしか言いようがない。

但し、違いはどこか?強いて言えば、アルペジョーネの場合は裏板が平坦というだけで、強度をつけるために内側に三枚のブレージングを施している。いわゆるヴィオラダガンバの工法を応用したものである。
スポンサーサイト



 
https://www.youtube.com/watch?v=d29sJh_3zOk 

ブルグミューラー ノクターン 
アルペジョーネとギターのデユオ
 
https://m.youtube.com/watch?v=d29sJh_3zOk&fbclid=IwAR14cGfttc_p6ALm0v4ghzBMpQwrMcpWKMhzX_bCWy5_UUV23BLO92VQMt4

Alfred Lessing, Arpeggione, Andantione, Drei Nocturnes Nº 1  - Brugmuller.


 
現代ギター アルペジョーネ対談掲載

45206642_2216516321714419_6188701158006063104_n.jpg
 
AR(Augmented Reality 拡張現実感技術)を応用した事例です。

アルペジョーネ・ソナタD821の譜面をスマホのカメラでスキャンすると、動画が再生されます。

https://www.youtube.com/watch?v=t33CHeYqvwg

日本音楽表現学会で発表デモしました

By using AR(Augmented Reality), Arpeggione, Stauffer 1824, Grassi Museum of Musical Instruments、Leipzig
 

https://www.youtube.com/watch?v=SuZHDa_Mhe8&feature=youtu.be&fbclid=IwAR2Ey0f60NNgfkBZRDECHxi6s_la7Wsa48TwDTOvGWZBUJVldGmCHeA3rms


Arpeggione, Mold making, Anton Mitteis-model (Body length 637mm, Body width 380mm, Drawing : Thomas Schiegniz) , by Osamu Okumura, July 3. 2009. http://arpeggione.web.fc2.com/

 
アルペジョーネの構えとボーイング

アルペジョーネではチェロの弓を使用する。これは創始者のヴィンセント シュスターがチェリストだったからで、構えと運弓もジャーマン スタイル 上手の伝統がある。
チェロの4弦で慣れた演奏者はどうしても楽器をホールドする姿勢を崩せ無い。
チェロ本体は体幹に近く垂直に構える奏者が多い。
ところがアルペジョーネの6弦を弾こうとすると、弦が増えたことで弾きずらいことがある。高音のe線を多用するとなるとかなり体幹から左寄りに回り込まねばならない。
この点 演奏者では楽器自体を右上斜めにずらしている場合もある。
一方、ヴィオラダガンバの場合、6-7弦と多くなっていても、フレンチスタイル 逆手であると比較的に回り込みは少ない。
このように、構えとボーイングの仕方は慣れが必要だと思う。
弦が二本増えたことで、隣接する弦で重音や軋みも考慮しなければならない。
チェリストのボーイングはけっこう大振りなので、このスタイルでアルペジョーネを弾こうとすると隣の弦を触ってしまうことがある。
速いパッセージや移弦の演奏などは、ボーイングのコントロールを慎重にしなければならない。
アルペジョーネの専門家 ニコラデルタイユ氏でも慣れるまで三年かかったと言う。
実践と練習あるのみだが、記述するといろいろな面が挙げられる
 
コワンのアルペジョーネ 名古屋公演。

名古屋公演でコワンの演奏したアルペジョーネをお聞きになった方をFACEBOOKに御招待しました。

46219974_2230803040285747_8245463113755787264_n.jpg

写真はピア二スト Yoko Kaneko 氏より
 
https://www.youtube.com/watch?v=bkIfY-gpXx0

Schuster, V.: 3 Stucke / Burgmuller, J.F.F.: 3 Nocturnes / Schubert, F.: Arpeggione Sonata
 
ある国際楽器展示会より、アルペジョーネの評価が下された。
アルペジョーネの多様なモデルをそろえた工房作品は、世界でも唯一で、楽器博物館や歴史的事実を忠実に継承しているなどの高い評価を得ました。
クレモナ、フランクフルト、上海、他のフェアに誘われましたが、製作本数が充実していないため現在保留としました。

Arpeggione's specification and price list.

Arpeggione;

Popular only for a few years after its invention by Staufer in 1823,
this hybrid instrument combines a cello body with a guitar-like fretted neck and 6 strings.
Schubert wrote a famous sonata for arpeggione with piano accompaniment. Johann Georg Staufer, Vienna 1831.
Copy right(C) for my Arpeggione model making, sales, photos, and publicity: All rights reserved.

Specification;

Beautiful European flamed maple back and nice spruce top, timber naturally air-dry over 15 years. ebony fingerboard with 24 th metal frets and ebony or rosewood fittings. Gut 6 strings.

+ 4/4 size Price;

- Master;
Decorative type (with inlaying and carving design) : $25,000 - $15,000

- Advance;
Plain type (no inlaying and carving design): $14,000 - $10,000

- Student;
Plain type (no inlaying and carving design): $9,900 - $8,900

Size (Dimension) and specification;
I will inform you about Arpeggione's specifications as follows;

================

OK (Osamu Okumura)-model:

* Bass size ; similar to the 3/4 size Violin-cello.

Total length 1,120 mm
String length 610 mm
Body length 630 mm
Body width 110 mm
Bouts; Upper 290, Middle 230, Lower 365 mm

* Top front and Center at sound post - Spruce
* Back and Side flanks - Maple
* Hammer head, Back design - original sculpture with an arabesque
* Sound hole - arranged C
* Guitar curves
* Inside 2 Block woods
* Fingerboard with the plastic unity bands - 15 Frets black
* 6 Gut strings (D,A,E,C,G,D) for the Bass(Tenor)-Viola Da Gamba, "Pirastro" - 1 set
(I usually use to play the classical music.)
Sometimes I use 6 steel strings ;
(E,A,D,G - Vc "Pirastro" - set)
(B, e - Folk Guitar, some brand)
* Tailpiece original, with 6 string Adjusters, “Wittner” L type for Viola
* Pegs - 4/4 size for Bass(Tenor)-Viola Da Gamba – 7 piece (but I do not use 7th now)
* Pitch; Modern A-440 Hz, (but sometimes controlled 410 for the baroque music ensemble)
=================

Staufer’s model:

Total L.: 1157 mm (45-9/16 in.);
String Length. 604 mm (23?)
Body L.: 682 mm (26-5/8 in.);
Widths :
UB. 333 mm (13-1/8 in.): MB. 232 mm (9-1/8 in); LB. 395 mm (15? in.);
Sto. 342 mm (13-3/8 in);
===============

Anton Mitteis’s model;

Total L.: 1212 mm
String Length.:667mm
Body Lenght:637mm
Widths: LB. MAX380mm
Body Height:98mm

===============

US copyright registration planning

The third work has already been designed, and my stringed instrument arpeggione is being planned for this drawing to American copyright register. The administrative scrivener or the patent lawyer etc. of the United States know, I will register.

Copy right(C) for my Arpeggione model making, sales, photos, publicity:All rights reserved.
 
「シューベルトが愛した弦楽器、アルペジョーネ、レパートリィー探求」

https://www.researchgate.net/publication/309650808_shuberutogaaishitaxianleqiarupejone_repatori_tanjiu/stats
 

| Home |


 BLOG TOP