スペインのアルペジョーネ

Virginia Del Cura Miranda at Jose Catoira - luthier.
December 30, 2016、A Coruña, Spain ·

https://www.facebook.com/virginia.delcuramiranda/photos_all
https://www.facebook.com/aoficinhadojose/

Spain-arpe1


Spain-arpe


スポンサーサイト
 
アルペジョーネに関する海外からの質問に以下の回答をした。

Dear XXX:
I have a couple of questions about arpeggione to my thisis. Did you play arpeggione sonata with cello and arpeggione as well? if it is, Do you think the arpeggione instrument was an influence to Schubert´s composing?
How many frets the arpeggione has and which material did you use?
how did you get the distance between them?
And one of my most important: Which sort of bow do you use to play the arpeggione? the modern cello bow? viola da gamba bow? german or french technique? did you find info about it? Because I dont have and it is very difficult

答:
1.あなたは、チェロとarpeggioneによってアルペジョーネ ソナタを演奏しましたか?
→ 両方演奏経験がある。
arpeggioneの場合、シューベルトは和音とアルペジオ奏法が容易い楽器として認識し作曲したと想像する
2.arpeggioneはいくつのフレットか 
→ 24フレット
3.フレットの素材は何を使用をしたか 
→ 金属(ニッケルシルバー、ギター用フレット)
4.フレット計算はどうすればいいのか?
 → フレット計算シミュレーションモデルを使用し、フレット打ち込みには位置を検査する)
5.arpeggioneにはどの種類の弓を使用するか?
 現代のチェロ弓?ビオラダガンバ弓?
→モダンチェロ弓を第一に使用。第二はバロック弓。しかしガンバ弓は使用しない。
6.弓の奏法では、germanまたはfrenchのどちらのテクニックか? それについての情報をなにから見つけたか? 
→ ジャーマン奏法を優先する。V,シュスターの教則本にはジャーマン式と記載されている。
7.ポジションマーク(dont)が見にくい。どうすれば制作するのか? 
→ マークはギター用のドット(貝)を使用

Arpeggione, Anton Mitteis 1824 model made by Ms.Virginia Del Cura Miranda at Jose Catoira - luthier, Spanish, Cellist.
 

| Home |


 BLOG TOP