上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ライプチッヒ大学所属、楽器博物館には Anton Mitteisモデルが保管されている。
しかし悲しいかな写真や図面はない。ガラス越しに写真をとりだけでサイズを目測するだけだ。

で、研究家として交渉した結果、世界で初めて写真、図面、それにドイツ語だが仕様書を
受け取ることが決定した。

いままでのアルペジョーネ研究実績を評価していただいたことによるのだ。

Mr. Georg Kinsky, catalogue of Musikhistorisches Museum von Wilhelm Heyer in Cöln,
vol. 2, p. 174-175, Arpeggione 1824.


University Leipzig.de, Musikinstrumente.
スポンサーサイト
 
1号、2号のサイズを比較してみた。

2-type-comparizon.jpg


2type-front.jpg

side-compare.jpg

frontside.jpg

head-design.jpg

sideback.jpg

neckside.jpg

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

 
弦楽器工房、フランシスコ ヘレーラさんから親書メールをいただいた。

私はあなたのArpeggioneと感動的な音の非常にずばぬけてい美しいを出す楽器に対して感謝します。
とくにあなたの友達である、ニコラス・ドルターユという奏者は我々を楽しませます。
偉大な弦楽器製作者がこの楽器に人生をとても捧げたことがあなたであると言わせてください。
私は、忘れない、ありがとう。
ジュネーブからの心からの挨拶
 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。