上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
18402841_1553598828006175_6970027517065830513_n.jpg

18425507_1553598844672840_4174331335154876142_n.jpg

18446573_1553598874672837_439048946929138920_n.jpg

18403742_1553598911339500_6190535627738974559_n.jpg

18446685_1553598994672825_4422390122452961035_n.jpg

18403211_1553599034672821_7387517373253796861_n.jpg

18519464_1553599064672818_2566274039405003602_n.jpg

18403402_1553599078006150_7246357031868634573_n.jpg
18402600_1553719881327403_4645995317784462135_n.jpg

18402600_1553719881327403_4645995317784462135_n (1)

スポンサーサイト
 

https://www.facebook.com/osamuokumura.arpeggione/videos/1555495644483160/
 
オレグクリサ氏リサイタルでは、時間がなく言い忘れていた点をフォローいたします。 

シューベルトのアルペジョーネソナタD821に特殊な和声進行があります。 
全体でAmの和声展開ですが、Bbが途中で入る、これがナポリ6度=短六度です。
 
参考譜例:
http://www.at-elise.com/elise/CCDPEL00019/ コード展開 より引用

CCGPEL00019.gif


この和声はナポリ民謡の節回しでマイナーから急に明るくなり緊張感をかもしだす。特殊な作曲技術をいれていてやはり天才ですね。

参考までに、1824年にはこのほかロザムンデ、死と乙女などにこのコード展開を入れている。よっぽどナポリ6度が気に入っていたようです。 
また10代のころには歌曲、魔王にすでに挿入しており早熟さを垣間見られます。ベートヴェンもナポリ6度を早期に取り入れていた影響を感じさせます。 
1815年頃にシューベルトは作曲したリート(歌曲)『魔王』では、魔王の声の部分に、ハ短調のナポリ調(ナポリの六度の和音調)という変ニ長調で歌われる。
池辺晋一郎先生の「シューベルトの音符たち」音楽之友社、にこのナポリ6度の解説があります。 
通常、Am→Dm→E7→Amが基本進行。これでは演歌そのもので泣き節となってしまう。ウィーンにおける演歌歌手、いわゆる都はるみ風の節回しです、笑
緊張感もなく、どすこい人生の恨み節。
そこにAm→(Bb→E)→Am という、( )内、途中のBbとEを入れることでワサビを利かせている。 
この点がシューベルトの天才ぶり。ナポリタン風スパゲッティを食べたせいではありませんけどー   
ギリシアからナポリあたりに流行していた節回し、たとえが悪いけれど、日本でいえば琉球節のようなノリをいれて異国情緒を醸し出していることで、この曲の美的旋律はいまでも愛されていると思う。 
アルペジョーネソナタD821の特徴を挙げ論じなさい、とイーストマン音楽院 クリサ先生の楽理講座があるかどうかは定かではありません、こんなレポートの題がありましたら、ナポリ6度の挿入によるコードプログレッションは特異であり、曲に彩を醸し出している、と答えればA+をくれます、きっと。大笑い
いずれにしても後輩の皆様、こうした楽理研究されあたらしい論文を出してくださるよう、大いに期待しています!

参考出典:注1,通常の和声、2 ナポリ6度: 津留崎氏HPより:http://naokitsurusaki.free.fr/.../mon.../Arpeggione-3.htm

sixte napol

schubarp.jpg

sixte napol-2



guitar-chord-121.png

 

“アルペジョーネ Q&A” アルペジョーネ・ソサエティー 奥村 治 Copyright© 2017

Q1 アルペジョーネ・ソナタは誰の作曲?
フランツ・シューベルト(Franz Schubert, 1797-1828)が作曲.
《アルペジョーネ・ソナタ イ短調Sonate für Arpeggione und Pianoforte a-moll D821》(1824).この1曲だけが残っている.

Q2 代用のチェロ奏者は誰?
チェロのムスティスラフ・レオポリドヴィチ・ロストロポーヴィチ(Mstislav Leopol'dovich Rostropovich, 1927- 2007)の演奏が有名.

Q3 アルペジョーネに関わる三大Sの人物は?
アルペジョーネという弦楽器を1823年に発明したギター工房のヨハン・ゲオルク・シュタウファー(Johann Georg Staufer, 1778-1853).
フランツ・シューベルト(Franz Schubert, 1797-1828)が1824に作曲.
チェリストのヴィンセンツ・シュスター(Vincenz Schuster, 生没年不明)が,1824年,同ソナタを初演した.

Q4 アルペジョーネという弦楽器は何?
『標準音楽辞典』(1991年版)によると,「チェロの演奏技術を応用したギター」=弓で弾くギター(bowed guitar)の直訳.

Q5 アルペジョーネの特徴?
アルペジョーネは,弓ギター、チェロ・ギターとも呼ばれ,1823年にヴィーン人のヨハン・ゲオルグ・シュタウファーによって製作された.
チェロよりも小ぶりで丸みがあるこの楽器は,金属製のフレットと6本の弦を持ち,ギターとチェロを「掛け合わせて」できたような楽器.
演奏する際にはチェロとおなじく両膝にそれを挟んで弾いたが,エンドピンは付いていなかった.
音色はイングリッシュ・ホルンに似ていた. (ヒルマーの定義より)

Q6 現存は何器?
1824-1832年ウィーン、ベルリン、ライプツィッヒ、NYなど6器.

Q7 レプリカによる音源?
① クラウス・シュトルク(Klaus Storck, 1928-2011)、1974年.
② アルフレッド・レシング(Alfred Lessing, 1930-2013),1980年にシュタウファー作のオリジナル楽器によって,シュスター Schuster, ヨハン・ブルグミューラー Johan Friendrich Franz Burgmuller(1806-1874), アントン・ディアベリ Anton Diabelli(1781-1858)などのギター作曲家の作品を演奏.
③ ハンブルク芸術大学室内楽教授のゲルハルト・ダームスタット(Gerhart Darmstadt, 1952-)はミッタイス・モデルのオリジナルの楽器により,シューベルトの同ソナタなどを演奏 .
④ 若手アルペジョーネ奏者でベルギー王立音楽院准教授ニコラ・デルタイ
ユ(Nicolas Deletaille, 1979-)は,ベルギーのヴァイオリン製作者Benjamen La Brigueによる楽器(2001年製)で,シューベルトの同ソナタをリリース.

Q8 楽器の概要?
全長約1200mm,これはバロック・チェロとほぼ同様の長さ,モダンチェロの3/4サイズに匹敵する.
ヘッドはハンマー(金槌)型でクラシックギターのデザインを受け継いでいる.
胴体はギターのように緩くくびれ,サウンドホール(音孔)はC字体をすこしなだらかな曲線にした特徴あるデザイン.

Q9 調弦?
ギター調弦と同じ,E, A, d, g, h, e (4,4,4,3,4)の四度と三度を組み込んだ開放弦.
当時はA=415Hzで,フォルテピアノ伴奏として演奏された.

Q10 モデル?
Anton Mitteis 1824, OK model 奥村治作

Q11 指板?
金属のフレットを24つけている点でギターと共通

Q12 代用楽器と楽譜?
同ソナタに関する演奏では,この楽器の代わりにヴィオラ,チェロ,コントラバス、管楽器もある.
ファクシミリ版: フランスの楽譜社フュゾ(Fuzeau)

Q13 衰退理由?
「シューベルティアーデ」は, 詩と芸術の創造性を貴ぶ芸術活動で、シューベルトらは, 政治的な支配からの自由を若者の力と音楽によって訴えようとした.
奥村案では、楽器という側面から捉えると,
1.ーケティングが困難であったこと.
受注生産であったため,一般大衆へ大量には出回らなかった.
2.金属フレットの調整が難しい、後継者がいなかった.
3. ガット絃や部材の調達不足などが商品化の足かせに.
4.ヴィオラ・ダ・ガンバのように宮廷音楽で庇護された「高級」楽器ではなく,一部のギタリストやチェリストたちの趣味として愛好されたマイナーな楽器であった.
―などの理由で大衆化しなかったと考えられる.

Q14 他の弦楽器と比較?

arpe-hikaku.png

Q15 レパートリー?

シューベルト小品,歌曲集
シューベルティアーデ
現代曲
などの順で分類

スライド1
 
"Arpeggione Q & A"
Osamu Okumura, Arpeggione Society, Copyright © 2017

Q1. Who is the composer of the für Arpeggione und Pianoforte a-moll D821" (1824)?
Composed by Franz Schubert (Franz Schubert, 1797-1828).
Only "Arpeggione Sonata remains.

Q2. Who is a substitute cellist?
Famous cellist: Mustislav Leopoldovich Lostropovich (Mstislav Leopol 'dovich Rostropovich, 1927-2007).

Q3. Who are the three big -S people involved in arpeggione?
① Johann Georg Staufer (1778-1853) of the guitar workshop which invented the string instrument called “Arpeggione” in 1823.
② Franz Schubert (Franz Schubert, 1797-1828) composed to 1824.
③ Vincenz Schuster (Vincenz Schuster, birth and death unknown) premiered in 1824.

Q4. What is an arpeggione string instrument?
According to the "Standard Music Dictionary" (1991 edition), "Guitar applying Cello's playing technique" = Direct translation is bowed guitar.

Q5. Characteristics of arpeggione?
Arpeggione, also called bow guitar, cello guitar, was produced by Johann Georg Staufer of the Viennese in 1823.
This instrument, which is smaller than cello and rounded, is a musical instrument that has metal frets and six strings, "can multiply" guitar and cello.
We play it with both knees in the same way as cello, but the end pin is not attached.
The sound is similar to English horn (from the definition of Hirma).

Q6. What equipment is existing?
1824 – 1832, 6 instruments including Vienna, Berlin, Leipzig, NY., etc.

Q7. Sound source by replica?
① Klaus Storck (Klaus Storck, 1928-2011), 1974.
② Alfred Lessing (1930-2013), 1980 by the original instruments made by Staufer, Schuster, Johann Burgmuller , Johan Friendrich Franz Burgmuller (1806-1874), Anton Diabelli (1781- 1858) and performances of guitar composers.
③ Gerhart Darmstadt (1952 -) of Professor Chamber Music of the Hamburg University of Art Hamburg played the same sonata of Schubert by the original musical instrument of Mitteis model.
④ Young arpeggionist, associate professor of the Royal Conservatory of Belgium Nicolas Deletaille (Nicolas Deletaille, 1979-) released the same sonata of Schubert at a musical instrument (made in 2001) by Belgian violin producer Benjamen La Brigue.

Q8. Outline of musical instruments?
It is about 1,200 mm in length, which is about the same length as Baroque cello, comparable to 3/4 size of modern cello.
The head is a hammer type and inherits the design of a classical guitar.
The body is constricted loosely like a guitar, and the sound hole is a characteristic design with a slightly curved C shape.

Q9. Tuning?
Same as the guitar tuning, open string incorporating four degrees and three degrees of E, A, d, g, h, e (4, 4, 4, 3, 4).
At that time A = 415 Hz, it was played as a Forte piano accompaniment.

Q 10. Model?
Johann Georg Staufer and Anton Mitteis 1824, OK model 1990 by Osamu Okumura.

Q 11. Fingerboard?
Common to the guitar with 24 metal frets

Q12. A substitute instrument and score?
In the performance on the Sonata, there are also viola, cello, contrabass and wind instruments instead of this instrument.
Fax version: French music company Fuzeau.

Q13. Reason for decline?
"Schubertiade" is an artistic activity that is valued for the creativity of poetry and art, and Schubert and others tried to appeal the freedom from political control with the power and music of young people.
In the Okumura proposal, from the aspect of instruments, as follows;
It was difficult to commercialize, Since it was order production at that time, it did not circulate to the general public in large quantities.
At the manufacturing stage it was difficult to adjust the metal frets, there was no successor.
Gut strings and lack of procurement of materials and others are at the risk of commercialization.
It was not a "luxury" instrument protected by court music like Viola da Gamba, but a minor instrument that was loved as a hobby for some guitarists and cellists.
- It seems that they did not popularize for reasons such as.

Q14. Compared with other string instruments?
arpe-hikaku.png

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。